あごひげは女性ホルモンに関係があった!

あごひげは女性ホルモンに関係があった!

女性ホルモンが減るとひげが生えるのは知っていましたか?
更年期になると女性でもいきなりあごひげが生えてきてびっくりした女性も多いとか。

 

でも、更年期で女性ホルモンが減ってあごひげ生えるのはある意味自然の成り行きというか、ごくごく当然のことですが、
今の働く女性の間でも(若年層の女性)、あごひげが生えたりしているそうなのです。

 

つまり、更年期同様に、女性ホルモンが減り、男性ホルモンが優位になってあごひげが急に生えるのです。
だから、あごひげと女性ホルモンにはちゃんとした関係があります。

 

まず、女性であっても男性ホルモンを持っています。
男性であっても女性ホルモンを持っています。これは知っていましたか?ただバランスの問題で、女性は女性ホルモン優位のバランスを保っています。
男性は男性ホルモン優位のバランスを保ち、両方のホルモンがそれぞれに機能を果たしているのですが、いくつかの要因で、その二つのホルモンバランスが崩れます。

 

女性の場合は、男性ホルモンが優位になって、あごひげが急に生えることがあります。
これまでは、更年期の女性で、女性ホルモンが減って、声が低くなったり、体毛が濃くなったりするということがありました。

 

しかしながら、今では若い働き盛りの女性が更年期の女性と同じぐらいに女性ホルモンが減ってしまって、若い女性なのにあごひげが生えるそうなのです。

 

あごひげが生えることに関係する男性ホルモンはテストステロンです。
このホルモンは男性が多く持っていて、声が低かったり、体毛が濃い、皮脂の分泌が盛んであったりするそうです。

 

このホルモンが優位になると、あごひげどころか、若い女性なのに声が低くなったり、盛んな皮脂の分泌でニキビが発生したりします。
もちろん女性ホルモンが少なくなるのですから、生理不順や更年期障害と同じ症状が現れるのです。

 

更年期障害の症状としては、攻撃的、イライラ、不眠、冷え、全身の倦怠感などです。
身に覚えのある女性はいらっしゃいますか?

 

上記のことより、ホルモンバランスをちゃんと保つには、過度のストレスを避けることが重要です。
発散させる。ストレスがなかったことにする。でもいいのです。

 

ちなみに女性ホルモンは健康な人であっても一生でティースプーン1杯ほどしか分泌されないのです。
つまり、ストレスが原因でホルモンバランスが崩れてしまうことで女性ホルモンの分泌量が変化してしまい、それだけでも相当な影響を受けてしまう事になるのです。
女性ホルモンはほんの些細なことでも影響を受けてしまいますので注意が必要なのです。

 

女性ホルモンを増やして男性ホルモンを抑えることも大事ですが、最も重要なのはストレスの影響でホルモンバランスを崩さないことになります。
規則正しい生活で、昔のように二つのホルモンを絶妙バランスで保ってくださいね。

 

⇒女性の産毛用クリームがあるって知ってましたか?