顔の産毛処理で眉毛もくっきり

顔の産毛処理で眉毛もくっきり

眉毛がきれいに描けると朝家を出るときの気分があがりませんか?やはり女性はまゆげがくっきり、服装や季節によってふんわり、色々あると思いますが、眉毛の周りに顔の産毛が生えていたら、その輪郭がぼやけてしまいます。だから、顔の産毛処理で、眉毛周りというのは結構重要なポイントなのです。

 

あなたは自分の額に生えている産毛やひげの処理方法はどうしていますか?まだ産毛でしょうか?もうひげになっているでしょうか?試行錯誤で「このままでいいのかな?」なんて思いながら毛抜きで抜いてみたり、顔に体用の除毛クリームを使ってみたり、色々していませんか?

 

あまり正しい知識をもたないままに、色々処理として触ってしまうと、顔の産毛処理なだけに、後日後悔することになりかねません。どの程度ならこの処理方法、これなら医療脱毛の処理方法が適切か?というのは個人差があるため、自分で決めるか無料カウンセリングに行くしかないのですが、とりあえず方法としていくつかあげておきます。

 

まず顔の産毛を剃ることです。剃ること自体はあまり問題ないのですが、お肌のバリア機能を産毛と一緒に持っていかないように気をつけてください。そのためには、顔専用の電気シェーバーを使って、清潔な肌で剃ることです。(お風呂あがりがベスト)そして抑毛効果のあるスキンケアクリームを使うことです。これで、電気シェーバーを使う頻度は下がっても、増えることはありませんのでご安心ください。

 

電器シェーバーのフェリエをご存知ですか?フェリエなら、眉毛の長さや形も整える機能があり、付属のツールを使って好みの眉毛に電気シェーバーでしてくれますよ。価格は約3千円〜5千円程度で、機能がたくさんあるほど高くなりますが、それでも、給料日を待たずに買うことができる価格です。

 

次のはやってはいけない毛抜きです。(ローラー脱毛、テープ脱毛、パック脱毛、すべて毛抜きと同じです。)毛を無理に引っ張ってぬいていると、肌がたるんできます。つまり、老け顔になってしまうということです。他にも弊害はたくさんありますので、毛抜きだけはやめておきましょう。

 

眉毛を整えるために、目と眉毛の間の毛を抜いていると、皮膚がたるんで、目の上の皮が落ちてきます。二重の人は奥二重になったり、一重の人も、目が小さくなりますので、毛抜きをするのだけはやめておきましょう。

 

次に専門家に任せるという方法です。一番はやはり皮膚科の先生がいる医療脱毛でしょう。レーザー照射力も強く、麻酔もしてくれ、薬もくれて、万が一にもちゃんと対応してくれそうです。

 

⇒顔の産毛専用クリームがあるって知ってましたか?