女性のひげ用化粧品

女性のひげ用化粧品

女性が男性化する現在社会では、以前では考えられなかったほどのストレスが女性を圧迫しています。
それで、女性ホルモンのバランスが崩れて女性なのにひげが生えてくるといった悲しい自体が引き起こされるようになりました。

 

女性なのに濃いひげが数本生えてくるようになったという30代の女性が増えており、一度濃くなってしまったひげを薄くするにはいったいどのような対策が必要なのでしょうか。
女性でもひげは普通に生えていて当然なのですが、それは産毛程度というのは普通なのです。

 

でも、最近の若い女性ではひげとなって現れているそうです。そこでしっかりと太く生えているひげをどうするのか?という問題ですよね。
ひげ対策用の化粧品なんかは見たことないですが、あるのでしょうか?

 

一本程度なら抜いてしまったり、さっと出勤前に剃ったりできそうですが、その自己処理のせいでどんどんひげが濃くなる可能性もでてきます。
実際にそうなった人もいました。では、それを薄くするにはどうしたらいいのでしょうか?

 

女性ホルモンのバランスが原因なのだから、それを元に戻せばいいと思うのです。
2大女性ホルモンと言われている「エストロゲン」と「プロゲステロン」がバランスよく分泌されると、ふっくらとした身体つきを作り毎日健康で過ごせます。
髪は薄く、逆にヒゲは濃く、という真逆の症状の原因は何でしょうか?原因は5つ考えられます。

 

ストレス、偏食、加齢、睡眠不足、運動不足です。女性の身体は思っている以上に敏感です。
最近では男性と同様に忙しく働く人が増えてきていること、また家事や育児など、家庭でもストレスを感じる人が増えていてこれが女性ホルモンの分泌量を減少させる原因となっています。

 

またストレスと言えば嫌なことというイメージを持つ人がほとんどだと思いますが、例えば引っ越しや就職、結婚など生活環境が変化した時にも身体はストレスと感じるため、
忙しくて自分のための時間を作る事が出来ない人もいると思いますが、なるべく趣味を持ち、ストレスを溜めないようにすることが重要です。
また、食事にも気を遣いましょう。特にコンビニの食事やファストフード、ジャンクフードなどを食べる機会の多い人は女性ホルモンの分泌量を減少させます。

 

年齢が原因の場合はやむをえませんが、それでも更年期の時期に何の症状も感じない人も実際にはいて、このような人は普段から生活習慣が正しい人が多いです。
また、薄毛、ヒゲをなくすために、女性ホルモンを出すために、週に何度かは夜の10時以降に熟睡できるように時間を作っていきたいです。

 

「運動が苦手」「運動は嫌い」という人がいると思いますが、汗をかいて新陳代謝をよくすると、冷えがなくなったり、更年期障害がやわらいだりして薄毛になりにくくなります。
しかもヒゲも薄くなりますよ。カミソリでの処理を繰り返していると毛が太く剃り跡も目立ちやすくなってしまうので、あまりおすすめできませんが、毛を抜くよりましです。

 

また、自己処理は肌への負担が大きいため、肌を綺麗に見せようという目的に対しては逆効果になってしまう可能性もありますので、抑毛クリームやローションなどの、化粧品を普通のお手入れに取り入れるという方法もありますね。

 

⇒女性の産毛用クリームがあるって知ってましたか?